注目の記事 PICK UP!

「飲みごろ温度」の解答と解説

さて、解答は・・?
昨日、「飲み物」には「飲みごろ温度」が
あること、ご存知ですか?

というお題のクイズをお出ししましたが、
あなたのお答えは何番だったでしょうか?
昨日の記事↓
https://botto-cafe.com/nomigoro_ondo/

答えは、③の「ビール、アイスクリーム 0℃」
でした。
(これが間違った記述、ということです)

いかがでしたか?
さすがに、バカにするな~!と
お叱りをいただきそうな問題でしたね(^^;

 

体温±25℃~30℃
飲み物、食べ物を美味しく感じるのは、
体温±25~30℃くらいとされております。
(教科書的には、±25℃との記載がほとんど)

つまり、理屈上は温かいものであれば
60℃~70℃程、
冷たいものであれば10℃~15℃程という
ことになります。

 

冷たい飲み物の「飲みごろ温度」
③のビール、ジュースは12℃程が
「飲みごろ温度」と考えられていますので、
0℃はさすがに冷たすぎると考えられます。
(エク〇トラ コー〇ドという氷点下の
ビールも人気がありますので一概には
言えないのでしょうが・・)

④のアイスクリームに関しては、
0℃を下回る-10℃程という主張、見解も
ありますが、「この時の、この試験では
正解となっています。

 

温かい飲み物の「飲みごろ温度」
さて、冷たいものはこの位として・・
私がお話したかったのは、温かい飲み物
の「飲みごろ温度です」

ホットコーヒーや紅茶は60℃~70℃くらい、
お茶や味噌汁も同じくらいの温度
されています。

70℃を超えると「熱い!」と感じる場合が
多く、逆に60℃を下回ると「ぬるい」と
感じる場合が多くなります。

ここで勘違いしやすいのは、あくまで
ホットコーヒーなどの「飲みごろ温度」が
60℃~70℃であって、抽出する時のお湯の
温度ではありません。

ペーパードリップの場合の抽出温度は
90℃~95℃ほどが良いとされています。
(参考)東京・大田区雑色ののBUCKLE COFFEE
とびきり美味しいコーヒーを淹れる方法
[ペーパードリップ]
http://www.bucklecoffee.com/blog/?p=426

また、抽出されたコーヒーは、あらかじめ
加温されたカップとソーサーのセットで
提供された場合、室温にもよりますが
概ね「4分~10分弱」の時間帯が
60℃~70℃の「飲みごろ時間」となります。

 

34℃~37℃が「飲みごろ温度」の場合も!?
ちなみに、「甘み」は34℃~37℃あたりの
体温程度で一番よく感じることも分かっています。
ですので、甘みを感じることに重きを置いた
コーヒーやお茶の場合は「飲みごろ温度」が
体温程度となることもあります。

いかがでしたか?
「飲みごろ温度」と「飲みごろ時間」を
知ることで、これからの秋冬の季節、
美味しくホットドリンクを楽しみませんか?

 

【追伸】
スズラーさんにならぬよう、
ご留意ください!

ちなみに・・
「飲みごろ温度」の60℃~70℃では、
唇や下を火傷(やけど)することはそうそう
ありません。

ですので、コーヒー、紅茶、お茶、味噌汁
などを、

「ズズズ~ッ!」

と、大きな音を立てて啜る(すする)
「スズラー」さんになられるぬよう、
ご留意くださいませ。

関連記事

  1. 「ひとり時間」を大切にすると、人間(家族)関係が改善する

  2. 疲労が取れないあなた、『イミダペプチド』をご存知ですか?

  3. あなたは、゛オトハラ゛していませんか?

  4. 「ひとり時間不足」になっていませんか?

  5. 京橋図書館から、徒歩わずか3分の読書カフェ♪

  6. 1日30分、『禁デジ』してみませんか?

  7. 瞑想初体験♪

  8. ふくらはぎのムズムズやダルさ、今すぐどうにかしたい!あなたへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

貸スペース空き状況

人気記事

最近の記事

  1. IVORY様の撮影会にご利用いただきました
  2. 【感謝です!】オープン半年記念日を迎えました
  3. 「築地で魚食べよう会」(クローズドのイベント)で盛り上がりました!
PAGE TOP